JFEコムサービス株式会社、InSiteを活用することで、委員会設置後わずか6ヶ月で社内ポータルサイトをオープン

2020年7月28日news

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、JFEコムサービス株式会社(以下、JFEコムサービス)が「InSite」を活用した社内ポータルを運用して、2020年6月時点で社員8割以上の利用率で社内コミュニケーション活性化と共創環境の構築に成功している事例を発表します。

国内6か所に拠点を構えているJFEコムサービスは、お客様先に常駐する従業員も多く、全社員の一体感の醸成が課題の一つとなっていました。社内コミュニケーション活性化について全社員を巻き込んだディスカッションを重ねた結果、電話やメール、グループウェアなどで行ってきた社内情報共有環境をMicrosoft 365に統合して社内ポータルを刷新することが決定されます。総務部が中心となった「ポータル刷新委員会」で複数のサービスを比較検討した結果、「JFEコムサービスが求める社内ポータルサイトに必要な機能がすべてパッケージされている上に、個別のニーズに合わせたカスタマイズも容易に行えるサービス」として選ばれたのが「InSite」でした。InSite の活用によって、委員会設置からわずか6か月後の2019年11月に新しいポータルサイト「コムサPortal」を公開して運用を開始しました。

コムサPortal

 

タイムラインのモバイル表示

「コムサPortal」では、InSite に含まれているエンゲージ・ドットワークス の『タイムライン』と『ピープル』の利用が進んでいるのが特徴です。社員の8割以上が「タイムライン」機能を利用。月平均5本のストーリーがタイムラインに投稿されると、特に社員発信ストーリーに役員がよく「いいね!」をする傾向や、3月から4月かけて投稿された新人紹介の記事から、『ピープル』の社員プロフィール閲覧数が多くなる傾向が見られています。

2020年夏からは全社員への情報発信が強化されることもあり、「閲覧状況などのデータを正確に把握・検討することがますます重要になる」とJFEコムサービスの総務部 担当部長 中嶋 氏は言います。数多くの企業ポータルにかかわってきたディスカバリーズの持つ知見と合わせて、適切な情報発信や社内コミュニケーションの活性化で、全社員の一体感を醸成するために、ポータルをさらに進化させるための模索が続けられています。

 

 

 

事例紹介ページ http://discoveries.co.jp/case/jfe

InSiteポータル バナー機能の拡張

2020年5月26日news, products

視覚的に情報に誘導できるローテーションバナーは、企業が従業員に真っ先に伝えたい情報を周知させる手段のひとつとしてよく使われています。今回 InSite は機能拡張を行い、このバナーをもっと簡単に運用できるようにします。バナーを予約公開したり、ローテーションの順番も簡単に設定できるようになります。
この機能改善は、InSite ユーザー様より多く寄せられていたご要望にお応えするもので、2020年6月中旬にリリースとなります。これまでは、バナーを設定するタイミングを見計らっていただく必要がありましたが、これからは計画されたコンテンツを前もって簡単に設定できるようになります。

InSite 管理画面のヒーロー画面もアップデートされます。ローテーションバナー表示の「開始日」と「順番」が設定できるようになるだけでなく、バナーの詳細情報である「表示テキスト」、「リンク先URL」、「別ウィンドウでの表示」、「表示開始日」、「表示終了日」、「表示順」の項目の並び順が変更でき、運用しやすくなります。

本件に関してご不明な点等ございましたら、ディスカバリーズまでお知らせください。

InSiteポータル ブログWebパーツの提供終了

2020年5月15日news, products

SharePoint のモダンUI化に伴い、クラシックUIを利用するブログ機能が廃止されます。2020年7月17日以降、SharePoint サイトでブログサイトを新規作成することができなくなります(※)。
それに伴い、同日の2020年7月17日より、InSite ポータルのブログWebパーツの提供を終了させていただきます。

ブログを代用・補完する機能として、InSite ポータルのタイムラインをご案内します。タイムラインでは、ブログのみならずガイドラインや新製品案内などの社内ニュースをタイムリーに配信することができます。カテゴリ別にソートしたページに遷移させることができるため、ブログとしてカテゴライズされた記事の一覧ページに誘導できます。
※詳細は SharePoint 管理センターのメッセージセンターをご確認ください

InSite ポータルのブログ機能を利用しているお客様へ
InSite ポータルのブログに新しい記事を投稿するなどの機能は引き続きご利用いただけます。但し、今後 SharePoint サイトのブログテンプレートに何かしらの制限がかかる可能性があるため、別機能への移行をお勧めします。

本件に関してご不明な点等ございましたら、ディスカバリーズまでお知らせください。

タイムラインにコメント機能を追加してUIを改善

2019年9月12日news, products

社内ニュース記事を投稿できるタイムラインに、「コメント機能」を追加します。

タイムラインには写真や動画を含んだリッチコンテンツが投稿でき、洗練されたデザインをご好評いただいていますが、新機能追加に伴いそのユーザーインターフェースをさらに改善します。
タイムラインの記事について同僚と会話がしやすく、より直観的に操作できるエンゲージ・ドットワークスによって社内コラボレーションがさらにアクティブになります。


リリーススケジュール
:2019年10月中旬頃

機能内容
タイムラインに投稿された記事に対してコメントが投稿できるようになります。投稿されたコメントに対してさらにコメントを残したり、いいね!と反応したりすることもできます。既存のクリップ、シェア、いいね、の機能に加えて、今回「コメント機能」を追加することで、従業員同士がコミュニケーションしやすくなり、アイディエーション(新しいアイデアを生み出すこと)が行われやすい環境になります。
自分が投稿した記事にコメントが寄せられたり、いいね!されたりすると、画面上で分かりやすく通知されるため見逃しません。
尚、コメント機能は管理画面上から機能のオン・オフを設定することが出来るため、組織や企業のニーズに合わせて利用することができます。

コメント機能、通知機能(ベルアイコン)
コメント機能
管理画面

 

コメント機能スマホ画面

新機能のコメント機能と、既存のいいね!、クリップ、共有、メールで送るなどの操作は、マイレージとしてスコア化されます。
社内情報共有やコラボレーションの貢献度を、スコアとして可視化できるようになることが、一般のソーシャルサービスとの大きな違いでありエンゲージ・ドットワークスの利点です。

 

InSite 文書管理の組織テンプレート登録機能を追加

2019年8月15日news, products

InSite 文書管理ベースで作成した SharePoint  サイトを、自社のオリジナルテンプレートとして登録できる機能を2019年8月14日より追加いたしました。

会社や組織が指定したコンテンツタイプを保持するライブラリの構成を、複数のサイトで展開して利用しやすくなるため、統一性や検索性が高まります。また社内のライブラリをそれぞれのサイトで設定する手間が省けるため、管理者の負担を大幅に削減して効率化します。

Office 365 ベースの社内ポータルを簡単に導入できる「InSite」にスイートプランが登場、スマホ対応した新しい文書管理も提供開始

2019年2月13日news, products

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、Office 365ベースの社内情報共有機能SharePoint上で簡単に社内ポータルを構築できるクラウド機能「Discoveries InSite(以下InSite)」において、ポータルやデジタル社内報、文書管理、社員情報検索、ヘルプデスクといった様々な機能をパッケージでお得にご提供する「InSiteスイートプラン」の提供を開始します。また本プランに含まれる「InSite文書管理」はOffice 365 モダンUI対応版にバージョンアップしており、モバイル端末でも快適にアクセス可能です。専門知識がなくても優れた文書管理サイトが作成できるため、最適なファイル管理や、組織のナレッジの利活用が進み、情報資産の価値を高めます。

ポータル作成に欲しいツールがオールインワン お得なInSiteスイートプラン
InSite は、社内情報を一元管理して、必要な情報を効果的に従業員に届けるOffice 365 ベースの社内ポータルサイトです。今回提供を開始する「InSiteスイートプラン」には、これまでInSite製品として個別にラインアップしてきたポータルや文書管理、ヘルプデスクといった機能や、タイムライン(デジタル社内報)、ピープル(社員情報検索)が含まれており(*)、単体で導入するよりも基本料金が35%お得になります。
* InSiteポータル では、ディスカバリーズの製品「engauge.works」の機能である「タイムライン」と「ピープル」の一部機能を「engauge.works essentials」として提供します。


《InSiteスイートプラン利用料金》

月額の基本料金48,360円に、従量年額料金1,800円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。「InSiteスイートプラン」には、ポータルや文書管理、ヘルプデスクといった機能や、タイムライン(デジタル社内報)、ピープル(社員情報検索)が含まれており(*)、単体で導入するよりも基本料金が35%お得になります。

 

情報資産の価値を高めるInSite文書管理がリニューアル、モダンUIに対応
InSiteスイートプランに含まれる「InSite文書管理」がバージョンアップアップしました。
従業員が共有すべき重要な社内公式文書を探しやすくファイリングしたり、組織内のナレッジを利活用しやすい形で蓄積したりするためには、文書管理サイトが重要になります。チャットなどコミュニケーションを活性化するフロー情報ツールが活用される一方で、ストック情報の活用を促進する優れた文書管理サイトは、情報資産の価値と組織の生産性を高めます。
InSite文書管理は、SharePoint や文書管理の専門知識がなくても、誰もが容易に情報を見つけ利活用できる文書管理サイトを構築できるクラウドサービスです。モダンUIに対応しているため、スマホでも見やすく情報検索しやすいサイトが作れます。


《InSite文書管理の特長》

●誰でも簡単アクセス、高い検索性で情報資産の価値が高まる
情報検索スキルには個人差があります。高い検索機能を持ったInSite文書管理には、検索の仕方をヒント表示させるなど、使い始めたばかりのユーザーでも利用しやすい仕掛けがあります。ユーザーの検索リテラシーに依存せず、必要なコンテンツに容易にアクセスでき、ナレッジの利活用が進むため、情報資産の価値が高まります。

●ノウハウの詰まったサイトが、すぐ使い始められる
文書管理を成功させるには、知見や経験値が必要です。InSite文書管理はディスカバリーズが蓄積したノウハウを製品化しているため、必要かつ効果的な機能が予め設定されています。文書管理の専門知識がなくてもすぐにサイトが作成でき、サイト設定の変更は管理画面から簡単に行えます。

●日本企業ならではの整理や分類にマッチ。シンプルにも高度にも対応
ライブラリは複数作成でき、ライブラリ内を階層管理して目的の情報を探しやすくナビゲートします。これまでファイルサーバーで階層化されたフォルダによる文書管理を行ってきた組織でも違和感なく移行可能で、SharePointの様々な便利機能を活用することができます。InSiteは日本企業のニーズに対応し、モダンUIに対応した階層Webパーツ(*)も利用可能です。
* Sharepoint標準では階層管理機能が提供されません。

 

《InSite文書管理の機能》

  1. ライブラリ管理
    旧システムからの移行や、管理・運用がしやすいよう複数のライブラリが設定できます。
  2. 階層管理
    ライブラリやタグを階層化して表示し、目的の情報に辿りやすくします。
  3. アクセス権限の設定
    アップロードができるユーザーをグループ化し、間違って追加・削除・更新されるのを防ぎます。
  4. モバイル対応
    モダンUI対応の社内サイトなので、スマホなどのモバイル端末でも快適にアクセスできます。
  5. 最新ファイル一覧
    直近にアップロードされたファイル一覧が確認できるため、新しい情報を見逃しません
  6. タグ付け
    ファイル公開時に、所属や分類などの情報をタグ付けることで、誰がアップロードしても探しやすい状態を保ちます。

《InSite文書管理の利用料金》
月額の基本料金24,800円に、従量年額料金600円×ユーザー数を合わせた金額が利用料金となります。

プランや製品の詳細、無料トライアルやご購入に関するご相談は、製品ページよりお問い合わせください。
InSite製品ページ  http://insite.discoveries.co.jp/

 

山田コンサルティンググループ株式会社、事業拡大やグローバル化に対応する社内ポータルにInSiteを採用

2019年2月12日news

ディスカバリーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:島田祐一朗、以下ディスカバリーズ)は、山田コンサルティンググループ株式会社(以下、山田コンサルティンググループ)に対して「InSite」を提供し、SharePointOnlineベースで社内ポータルを新たに構築するプロジェクトにおける導入・運用の負荷低減とコスト削減を支援しました。2018年10月に正式に社内での活用が開始した事例を発表します。

 

山田コンサルティンググループは、事業の本格的なグローバル化など急成長を続け、直近の2年間で人員が2倍になるなど組織も拡大しています。このような中、従来は電話やメール、グループウェアなどで行ってきた社内情報共有環境を刷新、Microsoft Office 365に統一し、SharePoint Onlineベースのポータルサイトを構築することになりました。

山田コンサルティンググループでは、SharePointで思い通りのサイトを構築するには、専門知識がなければ困難であると判断し、ディスカバリーズの提供する「InSite」を採用することにしました。「外部の業者にすべての作業をお願いすると、高額な費用が発生します。その点、InSiteであれば大幅に費用を抑えることができますし、私たちの『時間』も有効に使いながら内製作業を進めることができます」と管理本部 総務・人事部 中島正太氏は話します。実際に構築作業の大半を、同部に所属する泉沙由里氏が一人で、主業務との兼務で行ったと言います。フレームの構築に2か月、旧システムからの移行に1か月というスピード導入でした。

山田コンサルティンググループの社内ポータルサイト

InSite製品で利用しているのは「ポータル」「ヘルプデスク」「文書管理」の3製品で、モダンUIにも対応しており、スマホからもアクセスできるため、コンサルタント業務で社外にいることの多いスタッフのポータル利用率も高くなりました。今後はヘルプデスク機能の活用による業務効率向上や、文書管理サイトを活用したナレッジデータベースの構築、社員同士の情報発信による組織の活性化などを企画しており、ポータルが整備されることで、働き方を変える可能性に期待を寄せています。

事例紹介ページ http://discoveries.co.jp/case/yamada/

SharePoint ハブ サイトの概要を詳解するInSite 活用ガイド

2019年1月17日news

特に複数の事業所や部門を持つ中堅~大規模企業においては、複数構築される社内サイトを集約できる「SharePointハブ サイト」が、全社ポータルの運営に欠かせない機能となります。


これまでサブサイト構造や、モダンUIのリリース以降はサイトコレクション単位でサイトを構成する手法がとられていましたが、配下サイトの統制、サイト間のファイルの検索、グローバルナビゲーションや統一テーマカラーの適用に課題がありました。

今後はハブ サイト機能と、社内ポータルや文書管理などの社内サイトを簡単に構築できるDiscoveries InSite を組み合わせて利用することで、組織に即して整理されたサイト構造とユーザービリティを持ち合わせる全社ポータルの構築が可能となります。

InSite活用ガイドでは、SharePointハブ サイトの機能概要と利用シーン、さらにInSite を組み合わせた利用方法を紹介します。

詳細はこちら:http://insite.discoveries.co.jp/support/utilize/t01/

InSite導入から活用までのサポートを充実

2018年12月20日news

 

「Discoveries InSite」は、2018年3月にバージョンアップ以来、スマホからも快適に利用できるOffice 365 ベースの社内ポータルを簡単に構築できる点が評価され、企業や組織への導入が進んでおります。サービスをご提供する中で、導入をご検討中のお客様から寄せられた「使い方や操作性を確認したい」というご要望にお応えし、サポート内容を充実させるためのコンテンツを公開しました。

使い方ガイド・・・サイト管理者向け・ユーザー向けの2種のガイドでは、InSiteの基本機能、設定及び操作方法を解説。操作性をご覧いただけるよう、一部動画でご紹介します。

カスタマーサポートサイト・・・よくあるご質問と回答を掲載。製品の最新情報が確認できます。InSiteをご契約いただいたお客様は、本サイトよりサポートをリクエストできます。

使い方ガイド

カスタマーサポートサイト

その他にも、導入事例やよくある質問などを分かりやすくご案内します。
詳細はこちら:http://insite.discoveries.co.jp/support/

今後もさらに、InSiteの導入から運用、活用までトータルにサポートする体制を整え、企業や組織におけるスムーズな情報共有環境の実現をサポートできるよう、さらなる強化を図っていきます。

年末年始営業日のお知らせ

2018年12月19日news

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社の年末年始の営業に関しまして、下記の通りお知らせいたします。

年末年始休業日
2018年12月29日(土)~ 2019年1月3日(木)
年始は2019年1月4日(金)より始業いたします。

休業期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。